iPhone

【iFace Reflectionレビュー】店長直伝!iPhoneを割らないためのiPhoneケースの選び方!

本体割れを防ぐiPhoneケース!

こんにちは、ももクロではあーりんと詩織推し

よしだです!!!

 

さてさて、よしだはブログを運営していますが、日中はスマホケースショップで店長をしています。

毎日様々なお客様が来店され、スマホ(主にiPhone)のケース選びの相談を受けるのですが、その中でも一番多い相談は

「よくケータイを落とすから、割れないケースが欲しい。」です。

一体どんなケースを選べば割れにくいのか、よく聞かれるのです。

なので今回は、iPhoneを落としてしまった時に本体を割れにくくするiPhoneケースの選び方と、オススメのiPhoneケースを紹介していきたいと思います!

 

本体割れを防ぐには?

手帳型ケースの過信に注意!

よく、「手帳型のケースを使えば絶対に割れない」と過信している方がいらっしゃるのですが、そんなことはありません。

手帳型のケースを使っていても割れるときは割れます!

事実、うちの店にも手帳型ケースを使っているにもかかわらず、iPhoneをバキバキに割って来店されるお客様は少なくありません。

おそらく、手帳型ケースを開けてiPhoneをいじっている時に落として割れるのでしょう。そう話されたお客様もいらっしゃいましたね。

iPhoneが割れやすいパターン

「iPhoneが割れた」と来店されるお客様のケースに大方共通してみられるのが次の3つのパターンです。

①iPhoneの側面がしっかり覆われていない

②厚さの薄いケース

③保護フィルムがガラス製ではない

特に、「とにかく安いものを」とコスパ重視だったり、デザイン重視のものだと、上記3つのどれかのパターンに当てはまることが多いです。

①に関して、写真のケースのように、横側だけカバーされていて上下がカバーされていないケースがよくあります。このようなタイプのケースだと、iPhoneを落とした時にiPhoneの上下から割れてしまうことがよくあります。僕もこのタイプのケースを使って本体を割ってしまった経験があります。

あと補足で、全てプラスチック製のケースも避けた方がいいです。プラスチック製のケースは落とすと破損する可能性が高いですし、破損した部分から本体割れ、もしくは怪我の恐れがあります。

iPhoneが割れにくいパターン

では逆に、iPhone本体が割れない方に共通してみられるのか次の3つのパターンです

①iPhoneの側面がしっかり覆われている

②カバーの側面素材がTPU等の衝撃を吸収しやすい素材

③ガラス製の保護フィルムを貼っている

上記3つのパターンに当てはまっている方のiPhoneは、基本的にかなり割れにくくなっているかと思います。実際、しっかりとしたケースとフィルムを付けているお客様は、落としたとしてもガラスフィルムの割れ程度で済んでいます。

では、具体的にどんなiPhoneケースが割れを防げるかというと、皆さんご存知かもしれませんが

「iFaceシリーズ」

がピッタリなんです!

 

衝撃に強い性能「iFaceシリーズ」

iFaceシリーズは、iPhoneケースの中で若い世代を中心に人気の高い有名なシリーズです。

多彩なカラーバリエーションに様々なコラボデザインとデザインが豊富なうえ、グリップ性や耐衝撃性能も兼ね備えている、実用性のあるiPhoneケースです!

全世界でも1000万個販売(2017年時点)されているので、多くの人に愛用されている信頼性の高いケースです!

今回、なぜ僕がiFaceシリーズを推しているかというと、店長をしている中で、iFaceを使っていてiPhone本体が割れたというお客様を見たことがありません。

落とし方にはよるのでしょうが、冗談抜きで見たことも聞いたこともありません。

しかも最近、そんなiFaceシリーズから新作「iFace Reflection」が発売されているので、その特徴と一緒にレビューしていきたいと思います!

iFaceシリーズ新作「iFace Reflection」

「iFace Reflection」とは、従来のiFaceシリーズには無かった「背面クリアタイプ」のケースです!

iPhoneXRを中心に、iPhone自体のカラーバリエーションも増えてきているので、iPhone本来のデザインを生かせるiFaceカバーとなっています!

iFace Reflectionの購入はこちら

背面素材は「強化ガラス」

背面の素材は強化ガラスとなっているため、経年劣化による黄ばみを防ぐことができます。表面硬度は9H(9Hの鉛筆の先で擦っても傷つかない、プラチナより硬い素材)となっているため、背面のガラス自体に傷がつきにくく、黄ばみも防げるため、綺麗な外観を維持することができます!

あと、iFace Reflectionの背面ガラスは、iPhone装着時に若干本体から浮くように作られているため、本体との密着痕(にじみ)も防止することができます。

iFace Reflectionの購入はこちら

おなじみのTPU素材で衝撃に強い!

もちろんなのですが、耐衝撃性能も高くなっています!

側面素材は従来のiFace同様のTPU素材となっているのですが、iFace ReflectionではTPU素材にさらに加工がしてあります。

従来のiFaceシリーズには無かった、TPU素材内側にエアポケット(ケース四隅)とハニカム構造(ハチの巣のような模様)の加工がされているため、落下時の衝撃をしっかりと吸収してくれます!

ちなみに、この対衝撃性能は米軍用規格準拠(MIL規格)という落下試験の基準もクリアしているため、実績のある耐衝撃性能といえます!

iFace Reflectionの購入はこちら

経年劣化に強い素材と製造方法

先細述べさせてもらった通り、iFace Reflectionの背面は強化ガラス素材、側面はTPU素材となっています。

これまでもガラスとTPU素材の組み合わせのiPhoneケースはあったのですが、接着剤などで製造されているものが多く、経年劣化でガラス素材とTPU素材が剥がれてくるものが多かったのです。僕にもこの経験があります。

しかし、今回のiFace Reflectionはガラス素材とTPU素材が「一体成型製法」という、接着剤等を使わない製法で作られているので、経年劣化による2つの素材の剥がれも防止することができています!

iFace Reflectionの強化ガラス素材も耐久性に優れているため、長い間愛用できるケースに仕上がっています!

iFace Reflectionの購入はこちら

クリアケースならではの遊び方

iFace Reflectionはクリアケースであるため、ケースの内側に写真やシールを挟んで見た目をカスタマイズするなど、クリアケースならではの遊び方ができます。

現に、InstagramなどのSNSで、カスタマイズされたiFace Reflectionの写真を見て欲しくなったという女性のお客様も多くいらっしゃいました。

ちなみに、側面のTPU素材のカラーバリエーションは「ブラック」「ネイビー」「ベージュ」「レッド」の4色展開で、特に人気色なのは「ベージュ」です!

iFace Reflectionの購入はこちら

 

iFace Reflection使用時の注意点

iFace Reflectionの背面素材はガラス素材となっているため、スマホリング等の粘着素材で装着するアクセサリーが密着しにくくなっています。

iFace純正スマホリング「iFace Finger Ring Holderスキニータイプ」であれば、粘着補助シールがついているため、iFace Reflectionにも取り付けは可能となっていますが、それ以外の粘着で装着するアクセサリーは非推奨となっているため、iとスマホリングを併用するのであれば、iFace Finger Ring Holderスキニータイプ」をオススメします!

スマホリング系はスマホの落下防止にかなり役立ちます。上の画像か、下のバナーから購入サイトへ移動できますので、使われたことの無い方でも是非サイトを覗かれてみてください!

 

耐衝撃・デザイン共に優秀な「iFace Reflection」

いかがだったでしょうか?

十分な耐衝撃性能に、持つ人を選ばないシンプルかつ好みのカスタマイズができるデザイン性を兼ね備えている「iFace Reflection」。

僕が始めの方で述べたiPhoneが割れにくい特徴の、ガラスフィルム以外を全て満たしてくれているのが、iFace Reflectionです!

iPhoneを絶対に割りたくない、丈夫なケースが欲しい、シンプルなデザインで楽しみたいという方には、このiFace Reflectionを強くオススメします!

上のバナーからiFace Reflectionの購入サイトへ移動することができます。

iFace Reflectionは現在人気が高く、人気色(特にベージュ)は在庫切れになりやすいため、是非一度チェックしてみることをオススメします!

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。